2016年6月2日(木)放送、フジテレビ系「奇跡体験!アンビリバボー」
19時57分~20時54分
71f7663d

今年の3月、タレント女医の脇坂英理子容疑者が診療報酬不正請求をした詐欺容疑で逮捕され世間を大きく騒がせた。実は脇坂英理子より前に医者による詐欺は存在していた。



今からおよそ30年前に起きたエリート医師による2500万円を騙し取った詐欺事件。
なぜ医者という社会的地位と名誉、収入を得ている人間が犯罪に手を染めてしまったのか?


日本で医師になるには、超難関の国立大学の医学部に合格するか、学費が超高額の私立大学に入るか( 私立も今はどんどん偏差値が高くなっている)しか無い。

しかも、収入も多く20代だというのに、当直やら入れると年収が1200万円を超える。長く務めると収入はぐんぐんと上がり、普通の勤務医を続ければ30台で1500~2000万円が平均年収だ。開業医ともなれば、それ以上になる。




そんな医者の立場を捨てるような詐欺事件が1989年、静岡県で起きた。

浜松医科大で慢性腎不全を患う父親、中川正雄さん(当時61歳)が、ある日「人工透析の予定日に現れない」と息子の携帯に連絡が入る。長男である息子は、慌てて一人で住む父親の実家に向かうと、正雄さんがうずくまるように倒れていた。

すぐさま救急車を呼ぶが、既に心肺停止しており、病院につくと医者の診断では心不全で亡くなっていた。


後日、葬式を終え、遺品整理をしていると、正雄さんの通帳が見つかり、「ワタライ・ヒロノリ」という人物に2500万円もの大金を振り込んでいたことが発覚する。不自然に思った息子は、警察に相談。
すると「ワタライ」という人物は存在しない架空の人物。そして振り込まれた口座は架空口座であることが発覚する。


警察は正雄さんとこの口座の人物が何らかの関係があると考え、口座が引き落とされた人物を捜査、特定するとその男は、なんと亡くなった正雄さんの治療を担当していた医師・広瀬淳だった。広瀬医師は研究熱心で、患者からの信頼も厚かったことで、息子は信じられなかった。


警察はすぐ様、任意で警察署で取り調べると、広瀬は驚きの供述を始める。


広瀬淳は、大学を卒業と同時に医師国家試験に合格。結婚もして子供を授かり、周りから見えれば幸せな家庭に映っていた。しかし、医師の収入だけでは物足りなく、何か副収入を考え株に手を出してしまった。始めた時には「月10万だけ使うと決めてやれば最悪でも10万失うだけ」という甘い考えで始めた株。


しかし、実際には売り買いを何十回、何百回を繰り返し行うので「普通は月10万だけ使う」とかのやり方では手数料、その他の費用がかかるので損をしてしまう。100万程度から始めても、売買を繰り返すうちにのめり込んでしまう。

例えば、一回の勝ち負けに5%損失でも、10回負ければ50%損失、資金を継ぎ足さないと取り戻せない状況に追い込まれる。「取り戻そう」と考え、続けていていくと、簡単に大負けするのが株。

逆に大勝ちするのは2~3%の猛者たち。
7割以上が損失している現状を知らずに、のめり込む人たちが負債をかかえこんでいく。


広瀬も株にのめり込んでいたのだ。
そして、正雄さんは株の仕組みを理解していた。広瀬は正雄さんに株の指南を受けていたが、次第に株にのめり込み、株の資金欲しさから、架空の腎移植の話を持ちかけた。そして、「腎臓提供者の家族への謝礼金が欲しい」といっているとダマして、2500万だまし取ったのだった。


上手く騙せた後は、事件発覚を恐れ、亡くなる前日に正雄さんの自発呼吸を止める薬剤を事前に注射していたのだった。この事件は、医師による医療行為を利用した日本初の事件となり、世間を大きく騒がせた。


広瀬が自分の犯行を素直に認め遺族に謝罪。
控訴せず、1審の判決・実刑17年をうける結果になった。


1:

7:
マジかよ西川先生最低だな

10:
そもそも医師は特権階級すぎるんだよな
不正の温床になるのは当然のこと

23:
氷山の一角だろw

34:
えええええええええええええええええええええええ

38:
医者ごと囲えば悪さなんていくらでもできるからな

43:
医師免許剥奪?

48:
>>43
ならない

171:
>>48 ならないのか
この業界も芸能界みたいに緩いんだな~

783:
株はギャンブル

855:
男性医師でタレントっていないよな
ケーシー高峰くらいか

859:
>>855
女子プロレスラーの旦那が一時タレントのようにテレビでてなかったっけ

915:
これ息子が不振に思わなかったら事件発覚しなかったんだよな

921:
控訴しないとは潔い

1: